スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『アメリカで、踊ってきまぁ~す!』 ~鼓登治&櫻鼓のアメリカ・イサカ 道中日記!~ vol.1

皆様には、すでにメルマガ等で、お知らせしておりますが、
坂東鼓登治、西崎櫻鼓の両名が、アメリカ・イサカにあるコーネル大学の招聘で、渡米いたしました。

現地の坂東鼓登治レポーターより、たくさんのつぶやきが送られてきております!
早速ご紹介したいと思います!


「みなさま、こんにちは
アメリカ・イサカのコーネル大学へ、鼓登治と櫻鼓の珍道中いよいよ開始です。
今まで20か国で踊ってきましたが、今回は大学からの直接のお招きもあって、日本からはコーディネーター無しでー」

(海外公演を行う場合、コーディネーターが同行、もしくは現地にいるケースが殆どです。
往復の手続きや、現地での移動は、コーディネーターさんにお任せしてしまいます。
今回は、そうした方がおられないので、方向音痴で有名な坂東鼓登治も、なんとかコーネル大学へたどり着かねばなりません)

●大丈夫!?出発編
エピソード①
「成田で櫻鼓がビザ登録免除の手続きをパソコンでやらされて…終わってみれば、なんということないことでも、突然のことで驚かされてしまいました。」
(今は、こうしたことも個人で行うのですねぇ~。。ちなみに櫻鼓は、現代っ子ですのでPCはそれなりにこなします…)

エピソード②
「搭乗待ちで、座席ゾーンごとに並ばされる初めての経験。長蛇の列を眺めながら、かたわらの椅子に座って櫻鼓のウィンドウショッピングを待ってる私は乗り慣れている旅人に見えるでしょうか?内心はドキドキー」

(と、申しましても、空間の中ではダントツの渡航経験を持つ鼓登治ですが、やはりコーディネーターさんがおられないと、ドキドキしますね。)

エピソード③
「機内食。出た途端に櫻鼓のお盆のケーキを私がひっくり返し、足元に落ちる。しばし身動きとれずー」
(機内食で、ケーキはポピュラーですか?? 櫻鼓は、新しいケーキを戴けたのでしょうか??ちなみに鼓登治、櫻鼓とも、そこまで甘いものは好まないような…)

エピソード④
「デトロイト空港では8時間のトランジット.ホテルWestinのバーや空港ロビーの椅子で居眠りー」
(8時間とはちょっとした会社の勤務時間です。 2人ともどこでも寝られるタイプかな??でも寝心地は悪そうです…)

●ホッと一安心 到着編
鼓登治&櫻鼓 無事到着した模様です!

「みなさま、こんにちは

イサカにあるコーネル大学は、1860年代に創立されたといいますから日本では幕末から明治維新にかけて、もうできていたんですね!
日本文化や芸能の研究者が数多くいて、日本語ペラペラ。古い日本語まで知っているのには驚きです。

時差は13時間、日本の先ですから、朝6時にメールを打つと、日本はすでに夜の7時で、返事に添えられた日時を読んで、まるで未来からメールが届いたようだと櫻鼓が喜んで?います。」

エピソード①
「その櫻鼓はきのうの晩、金縛りに七回もあったとかー日本にいる時から多いらしいので、そろそろお巫女さんにでも出世するのかもー?!」
(櫻鼓の思わぬ特技(?)がアメリカで出たようです!しかし、舞台に備えてなんとか眠って下さい!)

エピソード②
「せっかく小型パソコン持っていったのに、ふだん使わないせいでメールのパスワード忘れ、原稿を手書きに直し、ホテルからファックスしましたがそれがうまく届かずに、とうとう携帯メールで原稿を打つ始末。ああ、なさけなやの鼓登治くんー」
(鼓登治は、最先端機器が大好きですが駆使できるようになったのは、最近です!普段使っていないPCを持っていったようですので、設定が大変だったようですね
それにしても、原稿を携帯メールで打つとは… すばらしいプロ根性です)


公演はアメリカ時間の6日夜7時からー。
日本時間では7日の朝8時から始まります!



●関連ページ
・2010/10_アメリカ・コーネル大学特別公演
国立能楽堂へ
スペシャルリンク
メルマガ購読
オススメ商品

世阿弥のことば100選
世阿弥のことば100選定価1,680円(税込)

まんがで楽しむ狂言ベスト70番
狂言ベスト70定価1,260円(税込)

まんがで楽しむ能の名曲70番
まんがで楽しむ 能の名曲70番定価1,260円(税込)

前進座80周年公演DVD
「十六夜清心」
十六夜清心定価6,500円(税込)

詳しくはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。