スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12月6日7日“櫻鼓インフィニティ”にご来場いただき、まことにありがとうございました。皆様から頂いたご感想をアップいたしました。

12月6日7日
櫻鼓インフィニティ

ご来場いただき、まことにありがとうございました。
皆様からお寄せいただいた感想から、掲載のご許可をいただいた感想を載せさせていただきました。
(※いただいた感想を随時掲載させていただきます。〜12月10日11日アップ〜)

 ◇ ◇ ◇

本当に櫻鼓さん頼もしく思います。小さい身体で、大きなモノを出してました、それと何より鼓登治さんのお嬢に産まれた運の強さを羨ましく思いました、かさね草紙、彦六師匠の凄さ古風さ、それを知らない世代の人がその世界をコラボさせて、不思議な空間に置かれました、あれを一人でぶつかっていく櫻鼓さんにエールを送ります、勇気を頂きました、ぜひこの興奮をはなしたい、
(五十代、女性、邦楽演奏者)

 ◇ ◇ ◇

昨日は、村尚也さん、渾身の振り付けを、全身全霊で表現された、櫻鼓さんの世界に、時を忘れてしまいました。魂の踊り、見事な演出、数々の斬新な取り組み、空間、に、眠っていた、目と耳と魂の琴線を爪弾かれた感じでした。お上手なだけでない、櫻鼓さんの、踊りに対する、真摯で、ひたむきな情熱が、小さなお身体からほとばしっておいででした。どんな表情、しぐさをしても、そこに必ず、美しさが宿る、それは天分でございましょう。
第二部はどなたかに捧げられたものでしょうか?愛、慈しみ、願い、希望という力、優しい想い。、踊り、音、で見事に演出されましたね。どれが、でなく、どれも、素晴らしかったですよ。娘も、母も、しばらく余韻を楽しませていただいておりました。
魂の舞踏家、櫻鼓様、おめでとうございます。
(東京都 40代 女性)

 ◇ ◇ ◇

頑張りやな櫻鼓さん
感動
どんなにか真面目に取り組んで今日を迎えたかと思ったら胸が熱くなり…
息子に泣きすぎって
からかわれました
今日の公演、とっても素晴らしかったです
腕白な息子も最後まで興味深く観ていましたよ
素敵な公演、有り難うございました
(東京都 40代 女性)

 ◇ ◇ ◇

そして櫻鼓さんのエネルギーに刺激を頂きました。
お寺を何の違和感もなく舞台にしてしまう櫻鼓さんはすごいです。
終わってもしばらく大変なのでは。
どうかご自愛くださいませ。
(東京都 30代 女性)

 ◇ ◇ ◇

今回の演技はホントに鳥肌が立ちましたし、ホントに涙が出ました。
幼い馴染みに泣いてる事笑われましたが、ホントに感動して涙が出ました。
ホントに素敵な演技でした。
これからもどんどん活躍して下さいね
(東京都 20代 女性)

 ◇ ◇ ◇

また年月がたったときの「累草紙」を見てみたいです。すごく興味があります。
母が亡くなったばかりなのでmemoryは心に染み入りました。
(東京都 60代 男性)

 ◇ ◇ ◇

昨日は素敵な舞台を見せてくれてありがとうございます。
日本舞踊って初めてだったけど
動きがすごくきれいで、表情豊かで。
なんかうまく言葉では言えないんだけど。
最後はお母さんもあたしももらい泣きしちゃいました。
ほんとにありがとうございます。
(東京都 母娘)

 ◇ ◇ ◇

リサイタル、無事終了で何より。長寸のお線香と踊りが調度一緒に終わって、何時もながらの確りした計算。かさねが重いから櫻鼓ちゃんの一所懸命が伝わって、大変ね。狭いから迫りますね。寝ながら見てたら、かまが飛んで来そう。(笑)
後の部は、流石に村さんの振り付けで楽しいですね。バイバイバイは、村さんのが、亡くした人を思っていて、今回は、亡くなった人から見てる訳でしょう。両方見られて幸せかも。(笑)
阿部君の津軽三味線、いいですよね!津軽三味線というと、付いて来るものが重いでしょ。いつもそれを押し付けると、今は人が離れるでしょうね。芸能は、しょっている重いところがあって、それを感じないといけないけど、見た後に、元気になれないと、人が来ない。このバランス取るの大事よね!芸術だ、さぁ見ろ。(笑)じゃぁ無くなるよね。阿部くんみたいな、からっとしたところがあるのは、これから大切じゃないかしら。先生には、怒られるかも。(笑)
副住職さん芝居にはまったりして!(笑)
龍葉君目立たない黒子に、なってきたみたい。(笑)踊、慌てなくなって、いい感じ。
素人の戯言でした。(笑)
いつも空間の舞台は、元気に成りますよ!
(61歳、教職員、男性)

 ◇ ◇ ◇

櫻鼓さんも、素直に凄く良かったです。
そして、僕は、特に、第一部の「新・累草紙」は、面白かった、凄かった、と感嘆致しました。
初演の時、その場にいたら何を思っただろうか?とワクワクしていました。
櫻鼓さんは、とても綺麗で可愛らしい顔立ちをされていますので、
与右衛門やいそを演じる動きのある表情が、とても印象的に感じる事が出来ました。
逆に、さらなる高みに向かう事の喜びと大変さが生まれた事が一番良かったのかも知れないと
生意気ながら感じました。
さらに、村さんの振り付けと演出を、どのように言葉に変換して行くべきか?とてもスリリングに今も考えています。
日本文化、伝統芸能、現在、現代、などなど言葉が浮かんでは消えていきます。
何かまとまるような事がありましたら駄文を送らせて頂きます。
話は変わりますが、
(五十代、プロデューサー、男性)

 ◇ ◇ ◇

天井の高い会場は窮屈さがなく バックに仏様の舞台は 危険な鋭い刃物も激しい動きにも違和感なく 素敵な舞台だなと思いました。大曲に 凄く刺激を受けました。また第2部の帰らざる日々と時には昔話を には歌と踊りに共鳴し、なけました。
見守る素敵なご家族と多勢の素敵な協力者の方々がいらっしゃり もちろん御本人の努力の賜物だと思いますが、いろいろなものが兼ね備わられ櫻鼓さんお幸せです。
(四十代、会社員、女性)


国立能楽堂へ
スペシャルリンク
メルマガ購読
オススメ商品

世阿弥のことば100選
世阿弥のことば100選定価1,680円(税込)

まんがで楽しむ狂言ベスト70番
狂言ベスト70定価1,260円(税込)

まんがで楽しむ能の名曲70番
まんがで楽しむ 能の名曲70番定価1,260円(税込)

前進座80周年公演DVD
「十六夜清心」
十六夜清心定価6,500円(税込)

詳しくはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。